ブログトップ

税理士の魅力

投稿日時:2014-04-01 14:27

税理士は国家資格による認定を受けた租税に関する専門家です。 この士業では、独占業務として「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」を行うことができるのが特徴となっています。

税理士という士業の魅力は、その業務に常に一定のニーズが見込まれる点にあります。

税金というものは、個人としての生活や、企業としての活動など、あらゆる場面に関わってくるものであるため、景気などの影響をあまり受けず、安定した収益を確保することができます。

また、この士業のもう一つの魅力としては、独立開業できる点にあります。

個人で独立して税理士事務所を開業した場合、自分で営業活動などを行う必要はありますが、顧問先など多くの顧客を獲得することができれば、非常に高い収入が見込めることになります。

統計データによれば、独立開業している税理士の中で年間1000万円以上の収入を得ている人の割合は、開業から10年未満の場合については約40%、10年以上の場合については約80%となっています。

弁理士の魅力

投稿日時:2014-03-25 13:23

士業とは名前の後ろの「士」という文字の付く職業のことをいい、士業の仕事は独立をして仕事をすることができるので多くの人から人気があります。

そして士業にもいろいろな仕事があるのですが、その中の一つに弁理士があります。弁理士とは人が独占的に使用するために特許を取る場合にその手続きを代理する専門家です。特許を取ることによって、他の人に優先して利用することができるためにとても大切なものであると言えます。

そこで弁理士の魅力はいくつかありますが、まず独立して仕事をすることができるので、自分で仕事をコントロールすることができることです。人は仕事をするにおいて他の人から指図されて仕事をするよりも自分で判断して仕事をするほうがやりがいを感じることができます。

また特許の手続きをするためには専門的な知識を有するのでまわりの人からは社会的に高く評価してくれます。

それから弁理士の資格さえあれば、自分の体が元気なうちはずっと仕事を続けることができるので、経済的な不安もあまりありません。

弁護士の魅力

投稿日時:2014-03-18 15:22

弁護士は士業資格の最難関として知られています。以前は誰でも受験可能な司法試験に合格する事で弁護士になる事ができましたが、現在では司法制度改革により法科大学院に進学する事が弁護士になる第一歩になります。旧司法試験は合格率が3パーセント前後と士業資格の中でもかなり狭き門だったのに対して、新司法試験は受験者の3割程度が合格する試験になりました。

こうした事から法科大学院に進学してきちんと勉強をしていれば取得できる士業資格だと言えます。また法科大学院には法学既修者コースと法学未修者コースが設けられています。法学既修者コースは法学部な出身者など大学で既にある程度法律を学んでいる人が入り、法学未修者コースはそれ以外の人を対象にしています。

法学未修者コースは法学既修者コースよりも1年間就学期間が長いですが、大学で法律以外の分野を学んでいるため、弁護士になって実際に仕事をする際にその知識を活かす事が可能です。

●お気に入りサイト
企業出版に特化したオンリーワン企業
幻冬舎が独自に築き上げてきた150法人・5,000店舗のチェーン制度を網羅する特約店制度を駆使して全国に書籍を流通させることができます。
posシステムでビジネスを楽に
ビジネスシーンにおけるシステム化は働く人のために
オフィスデザインは働く人の気持ちにも
働く環境とその空間で人の気持ちも大きく変わってきます
保育士の求人や資格がいらないシッターも
〈アートチャイルドケア〉で探そう
頼れる税理士と会社設立
会社設立専門だから安心
BACK TO TOP